蓄電池と太陽光発電

今密かにほしいもの

今密かにほしいもの、それは蓄電池です。
震災の時、私の家は幸いにも直接的な被害はなかったのですが、地震直後に停電し、その後も、計画停電対象地域だったので何度も停電しました。

防災用品として電池は揃えているつもりでしたが、実際に必要になってみると、電池は液漏れして使えなくなっていたり、震災直後には品薄になって買えなかったり、そもそもすぐに残量がなくなってしまったりと、非常用保存には心細いところもありました。

そんな中、ニュースで一般向け蓄電池が相次いで発売されていると聞き、密かに憧れているのです。
夜間にACから蓄電しておけば、昼間の節電時間に使えて安心だし、いざというときは太陽光発電パネルがついていて、蓄電できればもっといいかな。

ただ、まだすごく高いんですよね。ちょっと我が家で手が出せる値段ではないみたい。だから「密かに」ほしい、憧れの品なんです。
でも、電力供給が安定しない海外向に作られていた蓄電池付きテレビや、電気自動車を蓄電器替わりに使うという話なんかもあるみたいだし、これからどんどん新しいものが開発されて、一家に一台蓄電池、という時代になるかもしれないですね。

とりあえず、うちは太陽光発電パネル付き携帯充電池を買いました。いずれもっと本格的なものを買えるように頑張ります。

蓄電池に出会ってからの生活

我が家に初めて蓄電池がやってきたのはいつだったでしょうか。
たぶん、余所のお宅と同じ時期だったのではないかと思います。

そう、ゲーム機のコントローラーに使用するためです。
それまでの我が家は、蓄電池なる物とはまったく関係ない生活でした。

ううん、むしろ知らなかったという方が正しいかもしれません。
電池の類って、必要だろうと思って買っても、意外と使わずに引き出しの奥に仕舞い込まれていることが多くないですか?

私ももちろんそうでした。
実際使おうとすると、本数が足りなくて、新しく買ってきた電池と古い電池を組み合わせて使った結果、寿命が驚くほど短くなってしまったりして...寂しい思い出です。

蓄電池のすごいところは、ケースがあること。
そして放電率がすごく低くて、満タンにしてから数年それを維持できるなんて、正直、半信半疑だったのを覚えています。

我が家に蓄電池がやってきたからというもの、ゲームのコントローラーはもちろん、トイレの消臭剤やテレビのリモコン、電動おもちゃの電池にも蓄電池を使う日々です。
けれど、やってしまいがちなトラブルがあります。

それは子供がコントローラーごと友達の家に持って行くこと!
名前なんて書いてないので、電池を替えようと開けてみて、蓄電池じゃなかった時の衝撃ったらありません。

便利な蓄電池だからこそ、トラブルで失わないようにしたいなぁと思う私でした。